肩の力を抜き、猫背・肩こりを改善するセルフケア5選。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s

なんせ、赤ん坊~幼児期は「リラックス」していた訳ですから・・・

 

 

 

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

肩に力が入ると、ロクなことが無いですね。たいていは猫背や腰痛などとワンセットになっていたりします。

逆に、いい姿勢で、肩がリラックスしていると、生活も作業もスムーズに運べたり、もちろん演奏などの芸事もクリアに会得できていくでしょう。

しかしながら・・・

 

大半の現代人は肩に力が入っている・・・ことすら気づいていないのが現状。

なんでかというと、生活のありとあらゆる局面で、人は「かしこまる」ように生きてるから。

そうしないと、「エラそう」に見えるんではないか?と、思ってしまうんですね。

かしこまると、姿勢は「あきんどのもみ手」状態になります。「これはこれは・・・」みたいな。

この状態は、肩が上がって、定位置よりも前に行っている状態で、いわゆる「ネコ背」です。

この猫背を解消することがほぼ、肩の力を抜くことにつながります。

だが、腰の低い日本人。

なかなか「胸を張って」生活するのに抵抗があるみたいですが、これも原因ですね~

で、ここまで読んでくれた方、大したものです!!

なんでって、普通は先程の様な話、イヤになります。

アタマでは分っていても、身体では実行できないことを認めたくないですから・・・

というわけで、猫背を直す方法は、たくさんあるし、本もいっぱい出ていますので、改めて僕がこと細かく解説するまでもないのですが・・・

ですがここで、疑問の湧いた方も多い? のではないでしょうか。

 

そもそも、猫背は「治るのか」?

たとえば、あなたがもし今30歳で「猫背」なら、肩の力が入った生活を、少なく見積もっても20数年、継続していることになります。

20年あったら・・・芸が実りますよ!

それくらい、あなたの感覚では「猫背」「肩のリキみ」が身についてデフォルト、つまり標準になってるってことです。

だから、相当覚悟しないと、猫背はなおりません。肩の力も抜けません。

逆に、コツコツ正しい姿勢で生活していると、「リラックスしている感覚」を思い出してくる。

なんせ、赤ん坊~幼児期は「リラックス」していた訳ですから。ちゃんと身体は覚えてます。

その感覚をつかんている人、すなわちミュージシャンなどは、肩の力が抜けているかどうか、「感じ」で分る。

そして、たえず体をリラックスする方向に向かわせる技を持っている。

これも「感性」の一つです。

音楽家はこのように、やはり人よりもポテンシャルの高い「身体や感覚」を持っています。

 

まとめ<セルフケア5選>

 

より豊かな人生を送るためにも、「感性」みがきたいものですね。

しかしながら、普段オフィスで緊張感を強いられていることが多いと、自然と「固まっている」のがデフォルトになり、「リラックス」をわすれがちですね。

そんな方のために、オフィスでも簡単に実践できるリラックス術をご紹介します。

ご興味ある方は、こちらをどうぞご覧ください。

 

 

ほかにもいくつかヒントになることを書いておきますので、どうぞチャレンジしてみてくださいな。

  1. パソコンで疲れた時の、かんたん脱力法

  2. 肩が耳につくくらい上げて、5秒くらいしたら「すとん」と落としてみる。

  3. 両手で握りこぶしをつくり、片方はみぞおち、もう片方はその正反対の背中側に置いてみる。

  4. 両手をちぎれるくらい目一杯拡げてみる。なるべく後ろに寄せる。くるくる回す。

  5. 下の女性の写真のように、手を肩においてみる。

 

などなど。

肩の力抜く

 

みなさんがもっともっと自然体で、気持ち良い生活を送れますよう!

応援しています♪

 

ビーツ・アップ 前田 憲

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*