演奏中の手首の力みを解消するための一提案、その指使いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
band_

・・その原因の1つが、やはり「リキみ」だったのです・・・・・

 

 

 

ようこそ! ビーツ・アップ 前田 憲です。

ごきげん麗しゅう♪

 

今回のテーマは手首です。

 

手首がリキむとろくなことがありませんね。ピアノでは、腱鞘炎になったりします。

 

パソコンのキーボードでも同様。

 

手首のリキみは指ともつながってますし、手首が固くなれば肩やひじに負担がかかって、至る所が故障し易くなります。

悲しいかな・・・人間はたいてい、切羽詰まると手首が固くなります。

逆もまた真なり。つまり、手首が硬くなってくると同時に、肩に力が入ったり、切羽詰まったりするわけです。

なので、みなさん気をつけてくださいね。

 

では、いったい、どうすれば手首のリラックスはゲットできるのでしょうか?

という事で・・・クイズです!

 

 

問:(  )に当てはまる適切なことばを答えましょう。

手首は、(    )に気合をいれると脱力しやすくなる。

 

ところで私、ドラムをはじめてからプロ入りするまでの5年間、なかなか思うように上達しませんでした。

 

その原因の1つが、やはり「リキみ」だったのです。

 

いまから考えると当たり前な話。
余計な力でブレーキをかけているのが「リキみ」ですから、動きにくいに決まってますよね~

しかし原因が分からなかった私は、悶々とした日々をすごしていたのです。「脱力」に出逢うまで・・・

 

当時(1990年とかです)、大半の日本人ドラマーはスティックを、

「親指と人差し指で」しっかりつまんで

「残りの3本の指で」握る。

 

という持ち方をしていました。

しっかりスティックを握れて、安心感が有る持ち方。

ですがこれだと、親指でぐいぐいスティックを押し込むように振り、戻りも大変悪く、やはり「リキみ易い」という欠点があるのです。

 

ではなぜこの持ち方がリキみ易いのか??

理由を考えてみるまえに、みなさんある動作をイメージしてみてください。

 

「うちわをあおぐ」

 

さて、うちわを扇いでいるときってリキんでるでしょうか?

そんなアホな。

たいてい、リラックスしていますよね!

ではこの時、うちわの「柄」はどの指で持ってるでしょう?

あおぐ動作をイメージしてみてください。

さて、どこでしょう?

 

こたえは「小指」です。

 

いっぺんやってみてください。

この時、親指や人差し指は、さほど気合いが入っていないはず。

そして実は、この形が最も、「手首がリラックスする」持ち方の1つなのです。

しかも、前腕部がキリキリ回って、ひじも動いていると思います。

つまり、

 

  • 小指に気合いが入っている
  • 小指側の骨を軸にして、親指を振る(チョッパーベースみたいな感じ)
  • ひじもフリー

 

というように、大変リラックスして動けている状態なんですね~

余談ですが「マージャン」でも、レベルの高い人だと、相手がテンパイ(ビンゴのまえ)しているかどうか、親指を観察するそうです。

 

「親指に力が入っている。」

 

つまり・・・

親指に力が入ったらリキむ。

逆もまた真なり。リキんでも、親指に力が入る。

と、言う訳で・・・

 

今日のまとめ

みなさん、小指に軽く気合をいれて、親指を緩めてあげましょう!!

そうすれば、手首は脱力していきます♪

こちらにも、より詳しい情報載せています。

 

リラックスのコツは、5つの○○をゆるめる。

 

どうぞ、ご参考になさってください。

みなさんの脱力を、心より応援しています♪

ビーツ・アップ 前田 憲

手首が力むとダメ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*